スキンケア

40代いつまでも肌がたるまないセレブたちの秘密は「再生化粧品」にありました!

こんにちは。美容家で現役エステシャン暦20年ケイのブログにようこそ!

プロのエステシャンの美容術をご紹介しています。

あなたは、こんな経験ありませんか?

・昔の写真をみていて、ふと気づく”たるみ”・・・

・電車の窓にうつる自分に「はっ!」「あれ??わたし!?』

いやですよね〜。本当いや。

実は!なんと30代で既に83%の人が”おばさん化”を自覚しています。
”たるみ”の平均自覚年齢はなんと!33.9歳です。

ついつい周りの人の顔をチェックしてしまいます。

・会社で同年代の人に会うと ついつい”目元のシワ”や”ほうれい線”をチェックして自分と比較してしまう(40代前半)。

・友人と昼間、明るい飲食店へいき”口元にかけての頬がたるんでいた!”いつも薄暗い照明の飲食店が多いので正直ちらみして、何度も顔見てしまった(40代後半) 。

・偶然、駅で会った同級生が老けてた。昔はアイドル並の可愛さでめちゃくちゃモテっていててなのに・・・あんなに可愛かった子がこんな風に劣化しちゃうなら自分はもっとひどくなるんだろうなぁと思いました。(30代前半)

40代いつまでも肌がたるまないセレブたちの秘密は「再生化粧品」にありました!

 もくじ

①たるみの原因

②たるみの改善・解消

③たるみ化粧品の正しい選び方&オススメ化粧品

■たるみの原因<外的>

①紫外線によく当たる機会があるまたは過去によく紫外線に当たっていた。

②乾燥(エアコンなどの空調)

③洗顔のやり過ぎ、間違ったお手入れ方法。

④ タバコ(コラーゲン生成保持するビタミンを破壊し老化を早めてしまいます。

⑤ 表情や”くせ”

⑥寝ているときの”くせ”

⑦ 化粧品による炎症

■たるみの原因< 内的要因>

① 乾燥

②加齢によるコラーゲンエラスチンの減少

③ 加齢による筋肉の衰え

④ ストレスによる活性酸素

⑤ ホルモンバランスの乱れ

⑥ 睡眠不足

⑧ 栄養不足(ダイエットの繰り返し・偏食)

⑦ 油や糖分の多い食事

⑨ お酒・タバコで コラーゲン生成保持するビタミンを破壊し老化を早める

たるみ改善に効果的な”化粧品選び”についてです

たるんだ肌深部のコラーゲンエラスチンが減少してしまいます。改善としてはコラーゲンエラスチンを増やすことです。それには”線維芽細胞を元気にする”ことです。

”たるみ”に気づき83%が”おばさん化”を自覚して、コスメ迷子になる女性がなんと!9割もいます!

再生化粧品の特徴のひとつ”ヒト幹細胞培養液”は近年の最先端医療の研究により再生医療が進歩しています。例えば、ひどい火傷で皮膚を再生できなかった方が、自然治癒力では治らなかった細胞を幹細胞移植で再生させるという”最先端医療”です。それを応用した有効成分が美容の分野でも利用できるようになりました。

子供はケガをしても直ぐに治ります。. 成長期までは細胞が作られるベースが早いからです。 成長期が終わる20歳~、老化したり傷ついた細胞の分解と、新しい細胞の生成ペースが同じくらいになります。その頃から”生活リズム”、”食生活”の影響がお肌に現れはじめてきます。

35歳~44歳の壮年期になると、肌の分解が生成においつかなくなってしまいます。その頃になると見た目の老化がはじまります。シミ・シワ・たるみ・白髪。

まとめ

たるみに気づき83%がおばさん化を自覚してコスメ迷子になる女性なんと9割もいます!

今までのスキンケア、水分を与えて肌を潤わせクリームで保湿するだけのお手入れだけでは正直言って”たるみ”は、改善しません。再生化粧品成分入”ヒト幹細胞培養液配合”コスメに移行して、若返りをしませんか!

40代、子供の教育資金や住宅ローン、自分にかける時間もお金に余裕がないけど鏡を見みて『5年後も10年後もキラキラ輝く笑顔の自分を想像してみてね!」美肌は無敵です!いつまでもキレイで若々しく年を重ねて輝きましょう!

40代肌の細胞が衰えてます!化粧品選びのキーワードは”再生力”です!

DIREIA(デイレイア)は、ヒト幹細胞化粧品の先駆けといってもいい化粧品会社です。ヒト幹細胞培養液は分子が大きいため肌への浸透力がメーカーによって異なります。ディレイアはオリジナル浸透法が優れいます。点滴をするようにヒト幹細胞培養液が肌に浸透していき持続力が長いです。 

ヒト幹細胞培養液入BBクリームは細胞が衰えている40代にオススメ再生コスメです!
肌表面の美しさも手に入る化粧品はやっぱりドクターリセラです!美白クリーム入りのお試しセットでまずはトライしてみてください!ヒト幹細胞培養液入り化粧品はサロン買えますよ!

エステシャンになる前の私の肌はボロボロでした。メイクを始めたのは高校生、肌荒れはその頃から起きました。バイト代を貯めては化粧品を買いました。高校を卒業してからも肌荒れは続き、メイクで隠してました。 デパートの店員さんに勧められ高級化粧品を買い揃えたり、それでのダメならオーガニックコスメ・無添加化粧品、薬草を育てて飲んだり皮膚科に通ったり、「肌になにもつけないのがいいのではないか?」と、自己流でした。 「その肌どうしたの?」と聞かれるのが辛かったし、キレイな肌の人がうらやましかった。「肌がキレイな人は生まれつきなんだ!親が悪いんだ!」と、心まで醜くなり鏡を見るのが嫌でした。 わたしは19歳〜21歳はNYで生活しました。たくさんの人との出会いで様々な経験、刺激や影響を受けました。素敵なエステシャンの女性と出会いがありホームサロンに月に1度通うようになりました。エステシャンとの会話・心地いい施術は異国で暮らす私にとって心も体もリラックスし自分自身をリセットできる幸せな場所でした。肌のアドバイスもしてくれてわたしの肌は少しづつ蘇りました。 帰国後は社会人として働くなか、またまた様々な肌トラブルに悩みはじめました。お金に余裕がでてきたころエステサロン行きました。すると高額な料金に目が点になりました。あまりに高額のため続かず肌荒れはすすみ、皮膚科でステロイドをもらいなんとなく安心したキモチになっていましたが。肌は益々悪くなるいっぽう。そんな時エステシャンの妹から「エステシャンの勉強してみない?」と誘われました。 汚い肌でエステシャンなんて恥ずかしい!自信がないよ!でもね、こう思いました。「これはいいチャンス勉強しながら自分の肌をきれいにしたい!そして、一度でいいから”きれいな肌ね”って言われたい!!」わたしは29歳からエステシャンの勉強をはじめました。 皮膚理論と技術を習得、30歳の時、化粧品メーカー主催のコンテストで全国大会3位の技術を評価され自信がついてきました。 エステサロンと聞くと”悪い”イメージをお持ちの方も多いと思います。 ・本当に効果があるのだろうか? ・契約するまで帰れないんじゃないか? ・高い化粧品を売りつけられるんじゃないか? ・化粧品が合わなくてかぶれたりするんじゃないか? そういったことを不安に思われる方も多いようです。 その気持ち、私もすごくわかります。 私は「きれいな肌になりたい!」その一心でエステシャンの世界に入りました。 美容歴30年エステシャン暦20年はまだまだ浅い人間ですが肌で悩んでいる多くの方をキレイにしたい!自分に合ったお手入れをお伝えしキレイな肌になり”笑顔”になってもらいたく『美容』に特化したサイトをつくりました。 わたしの失敗から得た経験をもとに『肌磨き』『心磨き」”キレイになりたい!”と思う方にとってお役に立てる情報とサイトでありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です